Slim3でのSpringサポートをどうするか

Springの新しいメンテナンスポリシーでJava界の勢力図が変わるの話を受けて、Slim3でSpringをどうするか考え中。コメントを見ると、サポートしてほしいとの声もあり。


日本国内は、大手調査機関のWebアプリで使用されているフレームワークランキングで、SeasarがSpringより使われているし、@ITのアンケートでも、Springより使われているので、日本国内は、このまま堅実にSeasar2で固めていくというのがよさそう。


となると、当初の予定通り、Slim3の対象は、海外(オフショアを含む)のユーザになります。以前なら、海外はSpringが強いので、Springをサポートするのは、必須だと思っていたのですが、状況が変わった今、海外のユーザがどういう反応を示すのか、今のところは予想できないので、下手に予想することはやめようと思います(YAGNI)。
必要最小限の対応ということで、デフォルトは、Slim3のコンテナを使うようにしておいて、必要そうなら、Springもサポートする感じかな。
たぶん、今Springをサポートしてほしいって行ってる人も、今後社内でどういう意思決定がされるかわからないと思うんだよね。なので、その辺の動向を見守りたいと思います。