興味のある言語にJavaと書いておいたら面接で爆笑された

Inspired by http://d.hatena.ne.jp/moriyoshi/20100204/1265242273


Javaエンジニアを募集してる会社の採用面接を受けた時の話。
転職エージェントに作れと言われて作ったシートに、「興味のある技術/言語」という欄があったんです。
「女の子ウケするコードの書き方」とか色々書いたけど、プログラミング言語の中で興味があるのはJavaだったので、Javaと書いておいたのですが、それを見た髭面サスペンダーの面接官のリアクションが酷かった。


面接官「Java・・・ふははっ!Java!」
面接官「Javaやってるんですか?wwwww」
俺「(唖然)は、はい・・まだ AppEngine にデプロイしたぐらいですが。。」


面接官「Javaはもう古い。大きめのiPhoneがむしろ日本でこそブレイクする」


比べてるのが違うだろうと思ったが、強引な話の展開はいつもことなのであきらめた。
しかし、Javaエンジニアを募集しているのに、Javaに興味があるっていって爆笑されるのは納得が行かない。


俺「これってJavaエンジニアを募集ですよね?」
恐る恐る聞いてみた。
サスペンダー男はこう答えた。


面接官「やっと漫画がきちんと読める」
俺の心の声「だめだこいつ。何とかしないと」
面接官「iPadではこうだ。」


つまりこの人は自分のいいたいことをしゃべっているのであって、
面接をする気はガチでないのだ。


あわせて読みたい
404 Blog Not Found:「大きめのiPhone」がむしろ日本でこそブレイクする理由