天才の条件

僕が誰かを優秀と呼ぶには条件がある。

1)目覚ましい成果を上げる
2)自ら考え、進んで動く
3)必要な知識を自分で探し出し、自分で学ぶことができる
4)自分の能力を最大化する環境を自分で選択できる

しかし「天才」と呼ぶにはもうひとつ重要な条件があって、それは
5)若いときに1-4を実現している

という条件が付く。若いときに目覚ましい成果を上げていないプログラマは、天才ではないと思う。

清水さんは、長文日記のエントリのとおり、天才という言葉にいろいろ思い入れがあると思うんだけど、天才というのは、定義があって認定するようなものではなく、他人が、自然に感じるものではないだろうか。


だから、うちの会社に天才がいるとか、わざわざいう必要はない。
「自分たちの会社にはすげーやつがいるんだ」それで、十分だと思う。