SAStrutsとS2JDBCの新機能紹介

Seasar Conference 2008 Autumnが9/6に開催されます。
お申し込みはこちら

私は、「SAStrutsS2JDBCの新機能紹介」のセッションをやります。
https://event.seasarfoundation.org/sc2008autumn/Session#a1
みどころは

です。他にもいろいろ紹介するけどね。


この2つの機能が完成して、ようやく欲しい機能が全部出揃ったかな。これが、Seasar2で目指した完成系です。これ以上の機能追加は、もう考えていません。


scaffoldはいらないかなと思っていた時期もあるけど、あるとやっぱり便利。プログラミングファースト開発のことを考えるとあったほうがいい。データベースのメタ情報からエンティティを自動生成することも、もちろんできます。


データベースのマイグレーションは、Railsのdb:migrateみたいなものです。アプローチは全然違うけどね。migrate用のDSLは使いません。詳しくは中村さんが語ってくれるでしょう。