分離発注と分割発注で大手SIerが没落?

これは,1社に“丸投げ”する代わりに,そこが使っている下請け企業を調べて,何社かの下請け企業に直接発注する方法です。元請け企業の“オーバーヘッド費用”を削減できるので,この方法を有効に活用できると,おおげさではなく,開発費用は半減します。

上流工程と下流工程で発注するベンダーを変える(分離発注)ことにより、競争によってコスト削減を目指す。これは、まぁわかりますね。ありそうでなかったのがSI業界における分割発注です。
元請けに頼まず、複数の下請けに対して分割で発注するわけです。下請けにとって見れば、元請けがマージンととらないから、利益率が上がる。発注元にしてみれば、元請けに余分なマージンを払わなくてすむ分、コスト削減ができる。
この方法の懸念点は、元請けがSIをやらない分、その負担は、発注元のシステム部が追うことになります。それが可能なら、この「分離発注」と「分割発注」は、十分に有効な方法でしょう。


上流工程は、利益率は高いが売上は少ない。下流工程で、大量に人をつぎ込み、下請けからマージンをとることで、大手SIerは、売上と利益を確保してきました。これが、生産性の追及より、とりあえず人をつぎ込む的なビジネスにつながり、日本のSIの生産性を下げてきたわけですが、大手SIerは、下流工程を受注できないとなるとこのビジネスモデルが崩れます。


個人的には、上流・下流と分けずにプログラミングをしながら設計していく開発手法のほうが、生産性は確保できると思っていますが、まだ、確立した方法ではないので、それまでは、「分離発注」と「分割発注」は、いまよりはましな方法ではないかと思います。
いまは、事実上、上流と下流をやる会社が異なっていながら、コストは高いわけですから。