泥のように働くという言葉の本当の意味

以前、あれほど話題になったのに、みんな忘れちゃったのかな。もう一度、元の伊藤忠商事丹羽宇一郎会長の言葉を引用しておきます。

リーダーとしての資質は仕事でしか磨くことができない。うちの会社は入社したら完全なゼロからのスタート。平等に機会を与え、だれにも平安な道を用意するつもりはない。厳しくかつ戦略的に鍛え上げる。

まず入社して十年間は泥のように働いてもらう。はい上がる気力や苦しい時に周囲を思いやる気持ちを育てるには、どん底に突き落とすしかない。入社4年までに全員を海外に研修に出す。海外の若者がどれだけハングリーに働いているかを見てきてほしい。

毎日深夜まで会社にいろとは言わない。本を読み、人と会い、ものを考えることで知的能力を再生産する努力を続けることだ。大変ですよ。ついて来られない社員が出ても仕方ない。

短くまとめると「ハングリーに働く」ということ。もうちょっと分かりやすく書くと「スキルを身につけるために一生懸命働く」こと。