男児たるものGoogle App Engine実践クラウドシステム構築を買うべきだ

なぜなら、Google App Engineを学ぶために一番必要なのは、「何ができないかを知ること」だからだ。そして、この本にはそれが書いてある。それしか書いていないといってもいい。


App Engineは、Googleのインフラを最も効率よく使うことにフォーカスしている。Genericなアプローチではなく、Specializedなアプローチだ。
何かを得ようとするならば、それと等価の何かを支払わなければいけない。App Engineは、Googleのインフラを最も効率よく使うために、「いくつかのAPIが使えない」という対価を支払った。
だからこそ、App Engineを知るためには、最初に何ができないのかを知らなければいけないのだ。


あなたは、その制限という対価と引き換えに、Googleから安価なスケールするプラットフォームを手に入れることができる。


EC2はGenericなアプローチだ。何でもできるというメリットと引き換えにパフォーマンスという代価を支払っている。
どっちが正解ということではない。単にアプローチの仕方が違うだけ。ただ、App EngineのSepcializedなアプローチには、この本のようなSpecializedなアプローチが似合っている。
この本には、どのようにプログラミングしたらいいのかは書いていない。この本は、制限を理解してもらうことに徹しているからだ。

Google App Engine for Java [実践]クラウドシステム構築 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

Google App Engine for Java [実践]クラウドシステム構築 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)


App Engine上のプログラミングを学びたいなら、私が今執筆中の「Slim3 on Google App Engine/Java」を待つといいだろう。


あわせて読みたい
手っ取り早く傲慢風な文章にする方法 | おごちゃんの雑文