Webアプリケーションをなめるな後日談

今日は、ITpro EXPOで高橋会長とパネルディスカッションがあったのですが、Matzが遊びに来ていたので、Webアプリケーションをなめるなの真相を聞いてみました。聞いたといっても実際に聞いたのは、高橋さんです。俺のほうからはききづらいよね(笑)。記憶が完璧でないので、正確な話ではないですが、大体はあってるはず。
Matzは、言語オタクなので、Rubyをはじめプログラム言語の悪いところは指摘せざるを得ないそうです。もちろん、良いところも。
だから、PHPを貶める意思もないし、Rubyを持ち上げる意思もない。オタクとして問題があるところは指摘せざるを得ない。
大体はそういう感じです。私は、ヲタではないので、その辺の気持ちが良くわからないのですが、羽生さんのアニヲタ振りを見るとそうなのかもしれないですね。
私も最初あのエントリを見たときは、ちょっと違和感あったけど、話を聞いて気持ちはわかりました。あることについて真剣すぎるんですね。だから、適当に流すことができない。