SeamとJBossToolsがやばい

昨日、GavinにJBossToolsのデモを見せてもらいましたが、これがやばい。
もちろん良い意味で。
HOT deployでさくさく開発していくようすは、まるで私のデモのよう。HOT deployは、まだ完璧ではなくて、Hibernateが管理している部分とメッセージリソースは、HOT deployが利かないようだけど、あそこまでできているとは、すばらしい。
ツールのサポートもかなりGood。今後は、フレームワークだけではなくて、ツールも含めて生産性をあげるべきだというSeasar2の流れと完全にシンクロしてますね。
SeamとJBossToolsを組み合わせての開発は、Springといくつかのフレームワークを組み合わせて開発するより明らかに生産性が高いと思います。HOT deployもできるし、ツールが隅々までサポートしてくれるから。nekopが自信をもってそういってたのもうなづけます。
Hibernateを使いたいがために補助的にSpringを使っていた消極的なSpringユーザは、Seamに移行するんじゃないでしょうか。
Seasar2のChuraファミリーと比べると、Seasar2のほうが一年先行しているので、安定度は高いと思いますが、油断はできません。ちょっと寝かせておこうと思っていた新機能を早めに投入するかもしれません。