2007年度OSS貢献者賞の受賞者が決定

情報処理推進機構IPA)は10月12日,オープンソース・ソフトウエアへの貢献表を表彰する「日本OSS貢献者賞」の2007年度受賞者を発表した。日本PHPユーザ会などで技術者育成などに貢献した小山哲志氏,Rubyを高速化するYARVを開発した笹田耕一氏,組み込み向けCPUにLinuxを移植した佐藤嘉則氏,日本語形態素解析システム「茶筌(ChaSen)」を開発した松本裕治氏の4名が選定された。

ささださん、おめでとう。