S2Struts V1リリース

これでプレゼンテーションフレームワークとS2を組み合わせたときの
イメージをつかんでいただけると思います。
単純な足し算アプリなんですが。(笑)
今回思ったのは、StrutsもActionの役割をコントローラに限定し、
業務ロジックは業務コンポーネントにまかせるようにすれば、
結構きれいなアーキテクチャでシステムが開発できるということです。
これは、ダイコンなしでもできたことなんですが、ダイコンを
使うことで、良い開発スタイルが促進されるということですね。

S2Struts

S2Strutsを使うと、S2とStrutsが簡単に連動するようになります。Actionクラスにサービスコンポーネントが自動的に設定されるので、Actionクラスの役割は適切なサービスコンポーネントを呼び出すだけになります。Actionクラスはコントローラに徹することで、プレゼンテーション層とサービス層の役割分担も明確になります。Actionに対してAOPを適用することもできます。

セットアップ

S2と同様にJDK1.4以上が必要です。サンプルは、TomcatTomcat Pluginを使うことを前提にしています。あらかじめインストールして置いてください。S2StrutsVx.x.x.jarを解凍してできたs2strutsディレクトリをEclipseJavaプロジェクトとして丸ごとインポートしてください。.classpathを上書きするか聞かれるので、すべてはいのボタンをクリックして、すべてを取り込みます。 これで、私と全く同じ環境になります。サンプルはS2StrutsExamleVx.x.x.jarとして別途用意されているので、ダウンロードして解凍してください。Eclipses2struts-exampleという名前でJavaプロジェクトを作成します。Tomcatプロジェクトではないので気をつけてください。解凍してできたs2struts-exampleディレクトリを丸ごとインポートしてください。.classpathを上書きするか聞かれるので、すべてはいのボタンをクリックして、すべてを取り込みます。s2struts-exampleプロジェクトを右クリックしてプロパティ->Tomcatを選びます。Tomcatプロジェクトであるをチェックし、アプリケーションURIを/s2struts-exampleとします。これで、Tomcatを再起動して、ブラウザからhttp://localhost:8080/s2struts-example/にアクセスすると足し算のサンプルを見ることができます。

使い方

S2Containerを起動するためにS2ContainerServletをweb.xmlに登録します。。

web.xml

<web-app>
<display-name>Struts Application</display-name>
<servlet>
<servlet-name>s2container</servlet-name>
<servlet-class>org.seasar.framework.container.servlet.S2ContainerServlet</servlet-class>
<init-param>
<param-name>configPath</param-name>
<param-value>app-config.xml</param-value>
</init-param>
<load-on-startup/>
</servlet>

<!-- Standard Action Servlet Configuration (with debugging) -->
<servlet>
<servlet-name>action</servlet-name>
<servlet-class>org.apache.struts.action.ActionServlet</servlet-class>
<init-param>
<param-name>config</param-name>
<param-value>/WEB-INF/struts-config.xml</param-value>
</init-param>
<init-param>
<param-name>debug</param-name>
<param-value>2</param-value>
</init-param>
<init-param>
<param-name>detail</param-name>
<param-value>2</param-value>
</init-param>
<load-on-startup>2</load-on-startup>
</servlet>

<servlet-mapping>
<servlet-name>s2container</servlet-name>
<url-pattern>/s2container</url-pattern>
</servlet-mapping>

<!-- Standard Action Servlet Mapping -->

<servlet-mapping>
<servlet-name>action</servlet-name>
<url-pattern>*.do</url-pattern>
</servlet-mapping>

<!-- The Usual Welcome File List -->

<welcome-file-list>
<welcome-file>index.jsp</welcome-file>
</welcome-file-list>

<!-- Struts Tag Library Descriptors -->

<taglib>
<taglib-uri>/tags/struts-bean</taglib-uri>
<taglib-location>/WEB-INF/struts-bean.tld</taglib-location>
</taglib>

<taglib>
<taglib-uri>/tags/struts-html</taglib-uri>
<taglib-location>/WEB-INF/struts-html.tld</taglib-location>
</taglib>

<taglib>
<taglib-uri>/tags/struts-logic</taglib-uri>
<taglib-location>/WEB-INF/struts-logic.tld</taglib-location>
</taglib>

<taglib>
<taglib-uri>/tags/struts-nested</taglib-uri>
<taglib-location>/WEB-INF/struts-nested.tld</taglib-location>
</taglib>

<taglib>
<taglib-uri>/tags/struts-tiles</taglib-uri>
<taglib-location>/WEB-INF/struts-tiles.tld</taglib-location>
</taglib>

</web-app>

S2とStrutsを連動させるためには、S2用のRequestProcessorをstruts-config.xmlに登録する必要があります。S2RequestProcessorとS2TilesRequestProcessorを用意しています。

struts-config.xml

<struts-config>
...
<controller
processorClass="org.seasar.struts.S2RequestProcessor"/>
...
</struts-config>

S2と連動するActionはコンポーネント定義に登録しておく必要があります。また、この定義ファイルは、アプリケーション全体の定義であるapp-config.xmlに登録する必要があります。

Add-config.xml

<components>
<component class="examples.struts.AddAction"/>
<component class="examples.struts.AddServiceImpl"/>
</components>

app-config.xml

<components>
<include path="examples/struts/Add-config.xml"/>
</components>

サービスコンポーネントを受け取るためにActionクラスはコンストラクタもしくはセッターメソッドを定義しておきます。execute()では処理をサービスに委譲しているので非常にすっきりしたコードになっていることが分かると思います。

AddAction


package examples.struts;

import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.apache.struts.action.Action;
import org.apache.struts.action.ActionForm;
import org.apache.struts.action.ActionForward;
import org.apache.struts.action.ActionMapping;

public class AddAction extends Action {

private AddService addService_;

public AddAction(AddService addService) {
addService_ = addService;
}

public ActionForward execute(
ActionMapping mapping,
ActionForm form,
HttpServletRequest request,
HttpServletResponse response) {

AddForm addForm = (AddForm) form;
int result = addService_.add(addForm.getArg1(), addForm.getArg2());
addForm.setResult(result);
return (mapping.findForward("success"));
}
}